【素人直売農家にオススメ!】トウガラシの品種

雑記

こんにちは、農家のmiyakoです。

今回は直売農家におすすめのトウガラシの品種を紹介します。

 

何故トウガラシなのか?

とうがらしは栽培している人が少なく、病害虫の心配も少なく、栽培難易度の低い野菜です。

品種によっては収穫量も多く、コンスタントに春~秋まで収穫出荷が可能です。

食卓のメイン野菜にはなりにくく、売れ行きが読みづらいのでプロの農家さんは避けがちなトウガラシですが、素人農家が少量出荷するのには向いています。

品種も沢山あるので好きなものを選んで栽培するといいといいでしょう。

トウガラシ類

食べ方が分からないものが多いので、販促はしっかり行って認知度を上げる努力をして販売しましょう。

【直売所農家専用】販促用ラベルシールの作り方
こんにちは、農家のmiyakoです。 直売所での販促ラベルは、自分の生産物のアピールになり他との差別化が出来るので欠かせないものです。 加えてリピーターを増やす効果もあり、すでに実績のある農園の場合は農園名ラベルのみを貼っている...
甘とう美人:おすすめ度☆☆☆
ししとう 種 【 甘とう美人 】 種子 小袋(約40粒)
by カエレバ

収穫量が特に多い品種です。10cm程度の長さの実がいくつもなります。

トウガラシなのに〝辛くない〟のが特徴で、ピーマンと同様に調理できることをアピールすれば結構売れます。

露地栽培で長く栽培し、コンスタントに出荷するといいでしょう。5月の早だしと9月、10月に特によく売れます。

アブラムシの防除が年々難しくなっているので、予防と防除は徹底的に行った方がいいです。

 

福耳:おすすめ度☆☆
ピリ辛とうがらし 種 『福耳』 小袋 サカタのタネ
by カエレバ

実が大きいジャンボトウガラシで、中辛程度の辛さのトウガラシです。

栽培期間中に乾燥させるとかなり辛くなるので注意しましょう。

ワタと種を取り除けば生食も出来、調理法が幅広いのがセールスポイントです。

実が熟して赤くなると味がマイルドになります。採り遅れても販売できるところがいいところです。
あまり有名な品種ではないので、販売するときは食べ方などを明確に記載した方がよく売れます。

販促シールも販売されいるので利用するといいと思います。

 

鷹の爪:おすすめ度☆
トウガラシ 種 【 鷹の爪 】 GF(400粒) ( トウガラシの種 )
by カエレバ

収穫してから乾燥させて販売すると通常より高単価で販売できるので特におすすめです。

生での販売は、荷姿をブーケのようにして販売しているのをよく見ます。

また黄色や紫のトウガラシを栽培してリースにアレンジしても良いでしょう。

 

 

ピーマン類

ピーマン類で差別化をはかれる品種をいくつか紹介します。

こどもピーマン
ピーマン 種 【こどもピーマン ピー太朗】 DF 30粒 ( 種 野菜 野菜種子 野菜種 )
by カエレバ

〝こどもが食べれる〟を押し出して販売するといいでしょう。

苦味がなく、さくさくとしていて食味がいいのが特徴ですが、収穫の見極めが難しいのが難点です。間違えると青臭さが残ります。

 

ジャンボピーマン
ピーマン 種 【 とんがりパワー 】 種子 小袋 (約20粒)
by カエレバ

かなりジャンボサイズのピーマンで、ワタがとりやすく調理がし易いのが特徴です。

栽培も容易で、ほおっておいてもぐんぐん育ちます。樹が大きくなるので仕立て方法には気をつかいましょう。

 

まとめ

どの品種も栽培経験がありますが、ピーマンなら1品種、トウガラシなら1品種を選んで栽培した方がいいと思います。

トウガラシ、ピーマン類はアブラムシの防除が年々難しくなっています。使用回数制限のない、有機系の農薬を用意して栽培しましょう。

住友化学 殺虫・殺ダニ剤 粘着くん液剤 1L
by カエレバ

コメント