【フリーのWEB屋が教える】農家がWEBサイトを作るときに知っておきたいこと

サイト制作

こんにちは、農家のmiyakoです。

本業は農家ですが、半農半Xの一環としてWEB制作をするようになったので、農家がWEBサイトを制作依頼する前に知っておくべきことをまとめました。

そもそもWEBサイトって?

WEBサイトは会社の情報などを載せたサイトのことです。

ホームページと言う人もいますがほとんど同じ意味です。

ネット上の窓口だったり名刺代わりに使えたり、農作物の販売をすることも出来ます。

ただサイトを作るだけじゃもったいないのでしっかりブランディングしましょう

黒豆式。 食材ネット通販の鉄板セオリー14/井上敬介【著】
by カエレバ

WEBサイトの種類

WEBサイトにはいくつか種類があります。

WEBサイトの制作目的に応じて作るサイトの種類を変える必要がある為、どういうサイトが自分に必要なのか把握しておきましょう。

農園サイトの場合のWEBサイトの種類
  • コーポレートサイト
  • ECサイト
  • ブログサイト
  • ランディングページ

農園の情報を載せたサイトが欲しい場合はコーポレートサイトを、農作物を販売したいならECサイトを、日々の作業をUPしたい場合はブログを、ランディングページはサイトではありませんが、1つのものを紹介するのに向いています。

https://liskul.com/lp-toha-1530

これらはそれぞれのサイトに組み合わせることも出来るので細かく覚える必要はありません。

〝どういうサイトが欲しいか〟をイメージしておくことが大事なポイントです。

 

サイトの維持費

WEBサイトは、制作を依頼するお金以外に維持費がかかります。

WEBサイトをネット上に上げておくには、ドメインとサーバーが必ず必要になります。

これらの取得、管理はサイト製作者側が行うこともありますが、クレジットカードやパスワードの管理など面倒な点がいくつかあるので依頼者自身で行うのが良いと思います。

ドメインとサーバーって?

ドメインは住所、サーバーはサイトの情報を入れておくためのネット上のファイルと思っておけばOKです。

例えばこのブログでは、yurunoulife.comがドメイン名になっています。

ドメインは文字数やトップレベルドメイン(.comや.jpなど)によって値段が変わりますが安ければ500円/年でも手に入ります。相場は1500円~3000円/年くらいでしょうか。

サーバーは、契約するものにもよりますが月額500円~1000円くらいです。

ドメインとサーバーに年1万円くらいかかると思ってもらえればokです。

口座引き落としにしておけば勝手に更新されます。

サイト製作者側にサーバーとドメインを取得してもらい+管理してもらう方法もあります。

この場合ドメイン&サーバー契約費+月々の管理費用がかかります(相場5千円/月)。

管理といっても作ったサイトに手を加えるわけではないので、預けているだけで料金が発生します。メリットはサイトの情報を変更したい場合依頼するのが手っ取り早いということくらいでしょうか。

おすすめのサーバーとドメイン

WEBサイト1つだとデータ量もそれほど多くないのでお値段安めのところからチョイスするのがオススメです。

サーバー契約と同時にドメインも取得してしまうのが1番簡単な方法です。

【サーバー】

【ドメイン】

WEBサイト制作の相場

思った以上に高いなぁ…と思う人もいると思いますが、実際にはサイト制作に相場はありません。

ブログ機能を組みこんだり、ECサイトのような能動的なサイトは高くつきますが、普通のコーポレートサイト(テンプレート使用)なら3万円~くらいでも作れます。

 

農家のWEB屋@U-CHANのポートフォリオ
駆け出しのWEBデベロッパーです。

※まだ勉強中ですが、PORTFOLIOにあるものなら作れます。

WEBサイトを無料で作る方法

サーバーやドメインが必要ない方法と、サーバーとドメインは必要だけどサイトを自分でデザインする方法をまとめました。

無料のサービスを使う

WEBサイトとはいきませんが、ブログなら無料でつくれるサービスが沢山あります。

はてなブログやアメーバが有名どころです。農園サイトを作る理由が明確でない場合は無料ブログサービスを利用した方がいいと思います。

ECサイトも無料で作れます。BASEやSTORES.jpが有名どころです。

簡単に作れますが売れないと思っておいた方が良いでしょう。これらはアクセスを集めることが出来ないので、サイトに付属させて使うものです。コーポレートサイトを作ってBASEのリンクを張っておくなどの使い方がベストです。

ですがコーポレートサイトにもそもそもアクセスが集まらないという事もあります。そいういう場合はブログを書くと検索でアクセスしてくれる人が増えます。

農作物を販売したい場合は、モール型ECサイトと呼ばれる楽天やYahoo!ショッピングに店舗を開設しておくのも1つの手段です。

WordPressのテンプレートを使う

サーバーとドメインを契約してWordpressを使って自分でサイトを作り上げる方法です。

WordPressは無料のテンプレが沢山あるのでそれらの中から自分に合ったテンプレを選ぶといいでしょう。

ただし、ある程度コーディング力がないと思った風にはいきませんので、それらを覚悟した上で取り組んでください。幸いWordpressの情報はネット上に沢山落ちています。

【1ヶ月】サイトを1からコーディングする

そんなめんどうなことするか!と思うかもしれませんが、Wordpressのテンプレートを使うぐらいならこっちを取り組んだほうがある意味近道かもしれません。

twitterでしょーへーさんという方が主催していた30DAYSトライアルというのがあります。

大体25日までの課題をクリアすれば自分好みのサイトを作れるようになります。

私のポートフォリオサイトもこの課題で作ったものです。

下のリンクは30DAYSトライアル中に私が始めて自力(テンプレ使用)で作ったサイトになります。

なまけもののパン屋

残念ながらECサイトは作れませんが、コーポレートサイトなら作れるようになります。

 

コメント