【1.5倍増収】じゃがいもの超高畝栽培法

直売所攻略

こんにちは、農家のmiyakoです。

じゃがいもの栽培方法第3弾!前回は超省力栽培ということでお年よりや女性向けの栽培方法を紹介しましたが、収穫量自体はそんなに…ということで今回は増収効果のある、超高畝栽培についてまとめました。

【超浅植え】じゃがいもの省力栽培
こんにちは、農家のmiyakoです。 当ブログでは直売所出荷にはじゃがいもがオススメ!と何度か書いていますが、じゃがいもの栽培には土寄せ機が必要だったり、芽挿し栽培では移植しなくてはならなかったり、労力はそこそこ必要だったのが過去に紹...

 

超高畝栽培法って?

文字通り、土寄せを通常より高く行う栽培法です。

通常種芋から収穫出来る量は種芋の20~25培、クズ芋を抜くと15倍~20培と言われています。

つまり1kgの種芋から正規品で15~20kgの収穫が可能です。

超高畝栽培では、通常の1.5倍の収穫量が期待でき、尚且つクズ芋が少ないという特徴を持ちます。

超高畝栽培のポイント
  • 畝幅を広くとる
  • 土寄せは軽い土なら1回、粘土質なら2回に分ける
  • 芽は1本~2本に間引く。3本以上でクズ芋が増える
  • 追肥は土寄せ前か土寄せ後に上から追肥

超高畝栽培のやり方

圃場準備&浴光催芽

植え付け2週間前に苦土石灰5kg/1a施して耕しておきます。

種芋は日中光当てて浴光催芽を開始します。

植え付け

畝幅を70cmとって、溝を掘り堆肥とじゃがいも専用肥料を溝底に投入しておきます。種芋が肥料に直接触れないように土をかぶせ、その上から30cm間隔で種芋をまいていきます。

間引く&土寄せ①

出芽後10cm~15cmごろ間引いて1本立ち、もしくは2本立ちにします。

通路に追肥を行い土寄せを行います。土寄せは芽の先端が隠れるくらい。粘土質の場合は先っぽは出るように調節します。

土寄せ②

1回目の土寄せから3週間後、2回目の土寄せを行います。1回目ど同様に追肥後土寄せを行い、なるべく畝が高くなるようにします。

畝の高さは30cm~40cmになるようにしましょう。

収穫

通常なら植え付けから3ヶ月で収穫になりますが、超高畝栽培の場合は3ヶ月+半月~1ヶ月後に収穫しましょう。生育期間を長めに取ることでクズ芋も大きく育ちます。

挿し目栽培と組み合わせて種芋代節約+間引きなし

これはたまたま思いついたアイディアですが、じゃが芽をとって、超高畝栽培が可能だと思います。

やり方は、じゃが芽をとる⇒畝幅70cm株間30cmで1株か2株づつ植えていきます。

その後の土寄せは超高畝栽培に準じます。

このやり方なら理論的には少量の種芋から増収が狙えます。

【5月収穫】早出しじゃがいもの栽培方法【挿し芽栽培】
こんにちは、農家のmiyakoです。 今回はじゃがいもの栽培方法の紹介です。 の記事でも書きましたが、じゃがいもはサラリーマンの副業にもってこいの作物です。 今回は通常より早く収穫することで500g100円が平均の...

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

通常の栽培方法でも2回土寄せするなら気合をいれて超高畝にしてみてもいいかもしれませんね。

普通の土寄せ機じゃ高畝にならない!なんて時はネギ用が1台あると便利です。

コメント