【目的別】じゃがいもの栽培方法まとめ

農業

こんにちは、農家のmiyakoです。

当ブログでは何度かじゃがいもの栽培方法について書いています。

と、いうのもじゃがいもは直売所出荷にとてもおすすめの作物だからです。

保存が効くので一度収穫してしまえば後は好きな時に店に置きにいくことができるので時間の有効活用が可能です。そして何よりマストバイ。どんなときも旬を選ばず売れるのがおすすめの理由のひとつです。

そんなじゃがいも栽培ですが、目的別に栽培方法をまとめてみました。

 

じゃがいもの栽培方法の種類

ここでは4つの栽培方法について紹介しています。

  • とにかく収穫量を増やしたい人向け!超高畝栽培法
  • 女子向け!培土器と腕力を使わず収穫可能な方法
  • 1つの種芋から何個でも!とにかく種芋代を節約したい人向け
  • 種芋を節約しつつ増収!管理人オリジナル栽培方法

とにかく収穫量を増やしたい人向け!超高畝栽培

通常の1.5倍の収穫を見込める栽培方法です。

栽培のポイントは2つです。

  1. 土寄せは2度。2回目の土寄せで40㎝の高畝に。
  2. 間引き。1本~2本にすることでクズイモを減らします。

いつもの栽培方法を少し変えるだけで増収するのでお試しでやってみるのもいいでしょう。

詳しい栽培方法は下のリンクからどうぞ。

【1.5倍増収】じゃがいもの超高畝栽培法
こんにちは、農家のmiyakoです。 じゃがいもの栽培方法第3弾!前回は超省力栽培ということでお年よりや女性向けの栽培方法を紹介しましたが、収穫量自体はそんなに…ということで今回は増収効果のある、超高畝栽培についてまとめました。 ...

女子向け!培土器と腕力を使わず収穫!省力栽培

じゃがいもは畝を立てて栽培するもの。という概念を打ち壊した栽培方法です。

種芋を土の上にのせて、黒マルチを張るだけというシンプルかつ合理的な栽培方法です。

注意点は、

  1. 青芋にならないように、茎が青いうちに収穫すること。

です。

作業が遅れれば商品にならないこともある…ということを覚えておきましょう。

先に増収技術について書きましたが、反当りの播種量が多ければこちらの栽培方法にも分がありそうですよ♪

詳しい栽培方法は下のリンクからどうぞ。

【超浅植え】じゃがいもの省力栽培
こんにちは、農家のmiyakoです。 当ブログでは直売所出荷にはじゃがいもがオススメ!と何度か書いていますが、じゃがいもの栽培には土寄せ機が必要だったり、芽挿し栽培では移植しなくてはならなかったり、労力はそこそこ必要だったのが過去に紹...

種芋代を節約!挿し芽栽培

この栽培方法の特徴は3点です。

  1. 種芋から出た芽を外したら、もう一度種芋を植えて再利用
  2. 芽を分けて植えることでどの芽も無駄にしない
  3. 花が咲かない

じゃがいもは栽培期間が決まっているので、種芋の再利用は何度もできることではありませんが、芽が出る限り何度でも再利用が可能です

通常のじゃがいも栽培では、間引きを行うことでじゃがいもが混むのを防ぎ、品質をよくしたりします。挿し芽栽培では芽の無駄が出ないので、どの芽からも同じサイズのじゃがいもが2~3つ収穫できます。

花が咲かないので収穫したじゃがいもを次の年に種芋として利用することができます。

詳しい栽培方法はこちら。

【5月収穫】早出しじゃがいもの栽培方法【挿し芽栽培】
こんにちは、農家のmiyakoです。 今回はじゃがいもの栽培方法の紹介です。 の記事でも書きましたが、じゃがいもはサラリーマンの副業にもってこいの作物です。 今回は通常より早く収穫することで500g100円が平均の...

 

種芋代を節約しつつ増収!挿し芽で超高畝栽培

管理人オリジナルの栽培方法かつ、管理人すらやったことのない方法です。

先に紹介した挿し芽栽培と超高畝栽培を利用した方法です。

簡単に説明すると、種芋からとった芽を2つづつ植え、超高畝にして栽培します。

最大のメリットは、超高畝栽培で必要な間引き作業をなくすことで無駄な芽がなくなる=種芋の節約になることです。

1つの種芋から芽が7つとれると考えれば種芋がいかに削減できるかわかると思います。

問題は挿し芽栽培では1つの芽から3つしか収穫することができず、これを超高畝栽培と同等の10個~15個まで増やすことができるのか?です

いかんせんやったことがないのでどうなるかわかりませんが、挑戦する場合は自己責任でおねがいします。笑

 

 

 

 

 

 

コメント